ajike switch

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×

【企画開発エンジニアmeetup #1 イベントレポート】事業をつくっていくエンジニアに必要なことは?

2017年10月13日金曜日に、弊社主催の「企画開発エンジニアmeetup」を開催しました。
当日は雨でしたが、お申込みいただいたほとんどの方々にご参加いただきました。
当日のイベントの様子をレポートします。
 

企画開発エンジニアmeetupとは?

「企画開発エンジニアmeetup」は東京で様々な事業を開発面から支えるエンジニアの情報交換コミュニティです。
アジケでは、企画開発エンジニアとは「様々な事業を開発面から支えるエンジニア」と考えています。
都内の優秀な企画開発エンジニアが集まり熱い話ができる場所をつくりたいとの思いからこのmeetupがスタートしました。
 

トーク「事業をつくっていくエンジニアに必要なことは?」

今回のテーマは「事業をつくっていくエンジニアに必要なことは?」。
 
株式会社キッチハイクの共同代表兼CTOの藤崎祥見氏をお招きしお話を伺いました。
株式会社キッチハイクは料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)が集まる交流コミュニティサイト「KitchHike(キッチハイク)」を運営しています。
食事には外食や自炊、中食と呼ばれるものがありますが、キッチハイク社では知らない人たちみんなで食べるご飯を「民食」と呼び、そんな場を仲介するプラットフォームを提供しています。
 
今回のイベントは、キッチハイク社の藤崎氏と弊社のエンジニアチームマネージャーの山本によるトーク、そして交流会の二部構成で行いました。

藤崎氏は大学在学中に西本願寺で住職の資格を取得された、という稀有な経歴の持ち主。お寺で生まれてお寺で育ったそうです。
「世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動を」始められました。
 
そんな経緯を交えて、大手Slerでのエンジニア時代についてや、キッチハイを創業後のエンジニアリングに対する捉え方の変化といった「事業をつくっていくエンジニアに必要なこと」をお伺いしました。
 

 
トークの中ではプログラミング全般を当たり前にできる世代が育っている昨今、エンジニアリング部分のみで評価される時代は終わるのではないかという山本の話がありました。
 
「エンジニアはエンジニアリング以外の部分でどのように評価されるか?」という山本の問いかけに対し、「エンジニアリングのスキルは、フロントやバックエンドなどの領域を越えて開発ができる人材が増えることで、所謂『コモディティ化』してきていると思う。」と藤崎氏。
現時点では、たとえばデザイン領域や設計部分、経営部分はコモディティ化しない部分ではないか、というお話がつづきました。
 
また、この「エンジニアリング以外の部分の評価」に関して、キッチハイク社の場合は「サービスへの共感」を重要視しているということでした。採用の際にも、スキルよりもサービスの「一緒に世界を変えたい」というビジョンへの共感を重視しているそうです。
サービスへの共感とは、サービスのビジョンや内容を「自分ゴト化」させ、ただ開発をするのではなく自分自身がそのサービスをつくっているというオーナーシップを持つということだ、と藤崎氏。
 
そんなキッチハイク社では、社員の方々で手料理の「賄い」をつくり、社員全員で食事をするのが社風のひとつ。ランチの始まりにはキッチハイクの価値基準のひとつである「メッセージより仕組み化!」という言葉がコールアンドレスポンスされるそうです。

交流会


 
トーク終了後には、ピザとビールを片手に交流会にうつりました。
交流会ではPIZZA SLICEのピザとハートランドのビールをご用意しました。
「ご使用の言語」を記した名札を首からさげ、参加者の方がご使用の言語を見られて話しかけられる姿が印象的でした。
 

 
交流会は盛んにディスカッションが行われる、熱気に包まれた場となりました。
予想以上に盛り上がったため急遽、交流会の時間を延長することとなりました。
 
最後は弊社の山本よりクロージングのご挨拶。
企画開発エンジニアが集まる場所として次回以降も続けていくことを宣言しました。
 

最後に

雨の中、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
今回のイベントが参加者の方々にとって、新たな発見やつながりが生まれる場となっていましたらとても嬉しいです。
 
今回はたくさんの方々にご協力いただきまして無事に終了することができました。
ご参加いただいたみなさまをはじめ、お話いただいたキッチハイク社の藤崎さん、会場をお貸しいただいたGOBLINさん、トランスリアル社の菅原さん、ビールをお届けいただいた平野酒屋さん。
この場をお借りして感謝申し上げます。
 
今後も東京で優秀なエンジニアさんが集まる熱い場として、「企画開発エンジニアmeetup」は開催予定ですのでご期待ください。

 
———————————————————————————–
◼オフィスKitchHike
「会社でみんなとごはんを食べよう」がテーマの手作りごはん交流サービスです。
会社にKitchHikeのCOOK(料理を作る人)をお招きし会社で手作りのご飯を食べられるサービスです。
アジケでも「オフィスKitchHike」を使っていつもとは違う飲み会を企画したいなと思ってます*
オフィスKitchHikeについてはこちら

◼KitchHike(キッチハイク)
料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)が集まる交流コミュニティサイトKitchHike(キッチハイク)についてはこちら
 
◼株式会社キッチハイクについてはこちら
———————————————————————————–

servi