ajike switch

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×

グロースハック初心者のための記事まとめ15選

PAK23_husentomemo20140313500
こんにちは。グロースハックチームの岡です。昨日の朝に関西から東京に到着し、グロースハックチームに参加しています。関西にいるときにも一度ランディングページ改善案を作成していたので、その時参考にしたものを共有できたらと思います。ランディングページなどの改善案を考える上で、参考になる記事をざっくり要素ごとにまとめました。1.LP全体イメージ
2.配色
3.ファーストビューイメージ・キービジュアル
4.キャッチコピー、テキスト
5.CTAボタン 

[LP全体イメージ]

●ランディングページ作成の32の手順

image1

http://bazubu.com/landing-page-15223.html#smoothplay2-2

 

●ランディングページ集めました

image2

http://lp-web.com/

 

[配色]

 

覚えておきたい!これがランディングページでの効果的な色使いだ!

image4

http://jb-labo.com/how-to-use-colors-for-more-effective-landing-pages/

 

●ランディングページのカラー戦略まとめ

image5

http://conversion-labo.jp/report/lp_design/3021/

 

[ファーストビューイメージ・キービジュアル]

 

●ファーストビューでココロを掴むランディングページを。

image7

http://conversion-labo.jp/report/lp_design/2420/

 

●コンバージョンにつながるビジュアルとは?知っておきたい3つの大切なポイント

image6

http://lab.adop.co.jp/3-big-impact-visual-techniques/

 

WEBデザインのメインビジュアルまとめ

image3

http://mainvisual.net-king.com/

[キャッチコピー、テキスト]

 

●プロが教える8つの見出しパターンとは

image8

http://www.roundup-strategy.jp/content-101/title/headline-8-pattern

 

●キャッチコピーの書き方

image9

http://www.hitcopy.jp/intermediate/3.html

 

●作成パターンを知っていればキャッチコピーでの悩みは減ります!

image11

http://imu-net.jp/word/lecture.html

 

ブランディングの基礎構築、「キャッチコピー」について考えよう

image12

https://www.cagolab.jp/support_site/curriculum/howto/branding/126.html

 

●そのキャッチコピー本当に「刺さる?」を判断する、ある1つの質問

image13

http://www.roundup-strategy.jp/content-101/title/sasaru-catch#i-5

 

[CTAボタン]

 

●CTA(Call to Action)ボタンを改善し、CV数を伸ばす10の方法

image14

http://www.s-bokan.com/blog/conversion-optimization/cta-button-optimization.html

 

●クリック率・コンバージョン率を高めるボタン。3つの大きなポイント

image15

http://creators-manual.com/button_conversion/

 

●コンバージョンにつながるボタンのデザインとは

image16

http://lab.adop.co.jp/howto-design-call-to-action-buttons/

 

 

Webサイトごとに抱えている課題やユーザー層は違い、ただ真似をすればいいと言うものではないです。とはいえ、煮詰まったりした場合にはこの辺の記事を参考にしながら、グロースハックの知見を貯めていきたいと思います。改善案を制作しながら勉強し、改善案の思考プロセスや要素ごとの検討するべきチェックリストを作成していって自分なりにグロースハックのやり方を研究していきたいと思います。

 

servi