ajike switch

ajike switchの更新をメールでお伝えします!

8年以上ajikeが蓄積したデザイン思考とUXデザインの知見を発信し続けるブログ<ajike switch>の更新情報を無料でメールにてお知らせ致します。

×

UXデザインの現場で約2年。事業におけるUXデザインの位置付けを、今はこう思う。

こんにちは。UXデザイナーの山口です。
UXデザインやUIデザインが要となるプロジェクトを担当するようになり、約2年が経ちました。

現場では、日々発見の連続です。
そんな中、いつも実践的なUXデザインについて悩んだり考えたりしています。

バズワードでもある「UXデザイン」についての解釈や考え方は色々あると思うのですが、
今日は実務を通じて感じていることの1つ、事業におけるUXデザインの位置付けについて書こうと思います。

UXデザインと事業戦略について

以前はこのように捉えていました。
160316_img01

最近は、このように感じています。
160316_img02

事業の土台はUXへのアイデアだと思う

以前は、UXデザインの位置付けは事業戦略の後なんだな、と思っていました。
つまり、事業を成功させるためにUXデザインという手段がとられるといったイメージでした。

でも最近では、事業の土台はUXへのアイデアなんだ、という風に考え方が変わりました。

「こんなサービスあったらいいな」「こんなことしてみたいな」
という想いからアイデアが生まれて、それを実現する戦略を立てる。
それを実現するためのアウトプット(webやプロダクトには限らないと思うのでこう言います)を行う。
それをユーザーが経験する。
KGIを達成するための運用を行う。

だからUXにもKPIが必要だし、効率的で高度なPDCAが必要。
それらを運営するチームが軸にするのは、事業の土台であるUX(提供したいUXという意味です)。

そんな風に解釈が変わりました。

だから、あちこちで「デザイン思考」の必要性について語られているんだな、と実感として思えるようになりました。

そうじゃないケースもあると思うけど

もちろん、そういった発想がなくても成功している巨大な事業はたくさんあると思うのですが、
何かが上手くいかなくなったり、くるってきたり、行き止まりにくるときに、必ず「課題」があると思います。

その課題を解決しようと思ったときに、『プライオリティ』ってとても大切だなと感じています。
そもそも、問題の原因にはいつもプライオリティが関係しているとも思います。

以前思っていた図では、「UX」と「ビジネス」戦略が横並びなので、プライオリティが曖昧です。これだと難しい。
だから、今思うの図の通り、「UX」→「事業戦略」というプライオリティがあることは非常にいいことなのではと思うのです。

似たような考えの、もっといい記事をご紹介して終わります。

DeNA南場智子氏が語った「経営会議より、UI/UXが大事。なぜ今デザインなのか?」|CodeIQ MAGAZINE
https://codeiq.jp/magazine/2015/11/33563/

UXは事業戦略の要 欧米最新事情に学ぶ-DSquad座談会 (後編) – 電通報
http://dentsu-ho.com/articles/3391

servi